2022年 マリーンカップ JpnIII|第26回|NAR公式

[競走概要]
第26回マリーンカップ JpnIII
2022年4月13日(水)
船橋 第11競走 1600m(左)20:05発走
天候:晴 馬場:良

[馬番/出走馬/騎手(所属)]

1番/クールキャット  /内田博(JRA)
2番/レーヌブランシュ /ルメー(JRA)
3番/グレートコマンダー/濱田達(船橋)
4番/レディバグ    /酒井学(JRA)
5番/ハナウタマジリ  /松本剛(笠松)
6番/メモリーコウ   /和田譲(大井)
7番/ネイバーアイランド/魚住謙(金沢)
8番/ハピネスマインド /小杉亮(船橋)
9番/アウティミアー  /藤原幹(笠松)
10番/サルサディオーネ /矢野貴(大井)
11番/ナラ       /深澤杏(笠松)
12番/アイカプチーノ  /山口達(船橋)
13番/ショウナンナデシコ/吉田隼(JRA)

[競走成績]
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f04%2f13&k_raceNo=11&k_babaCode=19

[レース紹介]
3歳以上牝馬によるダートグレード競走。古馬牝馬のダートグレード競走8レースのうち4レースが11~4月に南関東で行われる。この4レースの有力馬は同じような顔ぶれになることもあり、18年の優勝馬アンジュデジール(JRA)は、クイーン賞2着、エンプレス杯1着からの参戦で勝利した。また、前年のJBCレディスクラシック優勝から出走した3頭(12年ミラクルレジェンド、15年サンビスタ、17年ホワイトフーガ)も勝利しており、前年秋の力関係がそのまま通用する傾向がある。(栗田 勇人)

[歴史]
もとは牝馬限定の準重賞だったが、1997年にダートグレード競走のGIIIとして第1回が行われた。その記念すべき第1回を制したファッションショーはJRA・山内研二厩舎所属で、鞍上は地元の名手・佐藤隆騎手だった。4月に行われることが多いが、05、09年は6月に行われた。なお11年は東日本大震災の影響で取止めとなっている。(栗田 勇人)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/

Twitter https://twitter.com/nar_keiba
Instagram https://www.instagram.com/nar_keiba_official/
Facebook https://www.facebook.com/nar.keiba/

#マリーンカップ #ダートグレード競走 #競馬